歯並び矯正

歯並び矯正

ワイヤー矯正は歯並びを揃える手段。

歯並びのお悩みも人それぞれ。歯並びがガタガタ、すきっ歯、八重歯、歯の本数が少ない、歯が小さい…。歯列矯正においても針金だけでは隙間を埋められないことがあります。例えばすきっ歯もセラミック治療なら短期間でキレイに治療することができます。また、前歯の角度が不揃いで歯茎の位置が全然違う状態など、様々なお悩みにも対応できます。
残念ながら、ワイヤー治療で歯並びがキレイになっても、歯並びが悪い状態で歯ぎしりや食いしばりをしていた為に歯が削れていて、歯の高さが不揃いになっていることもあります。患者さまの歯並びの状態、お悩みによってそれぞれの方法を併用し、自分に あった治療方法で歯並び矯正をしましょう。

 

  • 歯並びと一緒に歯を白くキレイにしたい
  • 素敵な笑顔になりたい
  • 歯並びを治したいけどワイヤー矯正は嫌
  • 知られずに矯正したい
  • 短期間で矯正したい
  • 歯を大きく見せたい、または小さく見せたい
  ワイズデンタルキュア 歯並び矯正の手段は
ひとつじゃない!
ワイズデンタルキュアの歯並び矯正は
 

歯並び矯正の治療方法はひとつではありません。「職種柄、ワイヤー矯正ができない」、「とにかく早く治したい」など、お悩みも様々。まずは3つの治療方法をご紹介します。

 

ラミネートベニア

ネイルチップのようなセラミックで出来た薄い歯を貼り付けます。ラミネートベニアを付けることで歯の色、形、歯並びを綺麗にする事ができます。
 

> ラミネートベニアはこちら

ワイズデンタルキュア

 

ワイヤー(針金)矯正

一般的に歯列矯正というとこのワイヤー矯正が思い浮かぶ方も多いのでは? 今はカラフルゴムやクリアで目立たない矯正装置を用いることもできます。
 

> ワイヤー(針金)矯正はこちら

ワイズデンタルキュア

 

セルフ矯正

従来のワイヤー矯正と違い、月に一度マウスピースを新しく作成し、ご自身で管理、矯正器具としてお使いいただきます。簡単に始められ、外したい時に外せる簡単矯正です。

> セルフ矯正はこちら

ワイズデンタルキュア

ラミネートベニア

自分の歯の表面を薄く削り、ネイルチップのようなセラミックで出来た薄い歯を貼り付けます。ラミネートベニアを付けることで歯の色、形、歯並びを綺麗にする事ができます。ただし、ネイルチップのように取り外しは出来ません。
※歯並びを綺麗にする際に、歯を削る量が多くなる場合は被せ物(クラウン)になります。

 

メリット

 

デメリット

  • 矯正装置を付けて矯正する治療よりも短期間で治療が可能。(最短一カ月から治療が可能)
  • オールセラミックは変色が起こらない。
  • ホワイトニングよりも白く出来る。
  • 歯を削る量が少ないことが多い。
 
  • 自分の歯を削らなくてはならない。
ラミネートベニアの流れ

ワイズデンタルキュア

十分な時間をとり、カウンセリングをします。

 

ワイズデンタルキュア

模型での
シュミレーション
(歯の漂白もこの間に進める)

 

ワイズデンタルキュア

歯のデザイン・色
が決まったら
セラミック作製。

 

ワイズデンタルキュア

完成した
セラミックを
セットして完了。

ラミネートベニア治療症例

20歳女性 症例

ワイズデンタルキュア
 

22歳女性 症例

ワイズデンタルキュア
 

32歳女性 症例

ワイズデンタルキュア

 

ハンドメイドセラミック 6本

前歯の長さを同じくらいにそろえてほしい。とのご要望でした。角度的にも前歯が不揃いであることも影響し、歯茎の位置が全く違っており、特に前歯の長さが両側で半分くらい違っています。治療では一切歯を抜かず、神経を取ったのは短かった前歯一本だけ。最小限です。 出来る限り自分の歯を残こした状態で綺麗を目指しました
 

ワイズデンタルキュア

 

フロントフィット
前方に張り付けるのみなので、その分、歯に厚みが出ます。

ワイズデンタルキュア

 

ナチュラルフィット

仕上がりは自分の歯と同じ形、厚みです。

ワイズデンタルキュア

ハーフ矯正

上の歯がセラミック、下の歯がワイヤー矯正またはマウスピース矯正というプランです。ワイヤー矯正、マウスピース矯正で治しやすい下の前歯を半年程で治し、上の歯はセラミックで形と大きさを変えることができる、より美しさを求めた贅沢なプランです。

ワイズデンタルキュア
ワイズデンタルキュア

ワイヤー(針金)矯正

ワイヤー矯正は時間がかかりますが、自分の歯を生かして治療ができる治療法です。ワイズデンタルキュアのワイヤー矯正はクリアなブラケットと白いワイヤーを用いて目立たなくしたり、カラフルなゴムをつけて楽しみながら矯正をしたりと患者さまにより様々です。また、以前よりご要望の多かった「歯の裏側矯正」「舌側矯正治療」も行っています。おすすめは「ハーフリンガル法」です。

メリット

 

デメリット

  • ほとんどの歯並び矯正に対応できる。
  • 一般的な矯正法なので十分な実績がある。
 
  • 金属製の装置の場合、見た目が気になる。
  • 治療中は虫歯になりやすくなる。
         
         
  スタンダード矯正治療後、
ラミネートベニア処置
 
ハーフリンガル法症例
 
  セラミック矯正装置、
インビューを使用した症例

ワイヤー矯正だけでは、綺麗に治らない症例は、ワイヤー矯正が終了した後に、歯の色、形をラミネートべニアで微修正をすることで、本来あるべき綺麗な歯並びの姿を得ることができます。

 

ワイズデンタルキュア
 

上の歯を裏側矯正、下の歯をセラミック矯正装置インビューと白いワイヤーを用いるとこんなにも矯正していることがわからなくなります。
 
 
 

ワイズデンタルキュア
 

矯正治療は外側に装置をつけたほうが、正確かつ安全そしてスピーディなのです。外側につけてもほとんど見えない矯正装置、セラミック矯正装置インビューと白いワイヤーであれば、外側でもこんなに矯正していることが確認しづらくなります。

ワイズデンタルキュア

セルフ矯正(アソアライナー)

従来のワイヤー矯正と違い、月に一度マウスピースを新しく作成。ご自身で管理し、矯正器具としてお使いいただきます。簡単に始められ、外したい時に外せる簡単矯正です。

メリット

 

デメリット

  • 目立たない。
  • 取り外しができる。
  • 違和感がない。
  • 痛みが少ない。
  • 矯正中の虫歯治療が可能。
 
  • ある程度で、パーフェクトは望めない。
セルフ矯正(アソアライナー)の流れ

ワイズデンタルキュア

セルフ矯正の検査後、歯の型取りをして検査をします。検査で推定治療期間が分かります。検査結果に納得いただけたらセルフ矯正の準備をします。※診断料¥100,000

ワイズデンタルキュア

 

ワイズデンタルキュア

セルフ矯正をはじめます。約1月分(1クール3セット)のマウスピースをお渡する際に使用説明をいたします。
 

ワイズデンタルキュア

 

ワイズデンタルキュア

後は、ご自身で治ったと納得できるまで毎月繰り返しです。1月分のマウスピース費用は片側¥30,000です。
 

ワイズデンタルキュア

セルフ矯正(アソアライナー)症例

case case1

下の歯のみ
アソアライナーで矯正した症例

ワイズデンタルキュア
 

case case2

上の歯をアソアライナーで矯正した症例
出っ歯も矯正で引っ込みました

ワイズデンタルキュア