インプラント

インプラント

「自然で美しい歯を手に入れる」それがインプラント治療。
人工の歯根となるインプラントはチタン製です。チタンは骨と結合する特性をもっており、地球上で最もアレルギーの少ない金属と言われています。インプラント治療は顎の骨にしっかりと固定されるので、ぐらついたりしません。また、入れ歯などと比べメンテナンス面にも優れ、天然の歯と変わらない感覚で噛むこともできます。
さらに、見た目が変わる事でより精神的によい状態になり脳も活性化し心身ともに若返ります。

インプラント治療の流れ
step1

 カウンセリング・
治療計画

 
step2

インプラント手術

アゴの骨を削る

 
step3

インプラント埋入

二次オペが無い場合

二次オペがある場合

step4

アバットメントの取り付け
 

 
step5

仮歯の装着
 

 
step6

 人工歯取り付け・
メンテナンス

治療期間

インプラント治療の期間は主に安静期間(治癒期間)に時間を要します。治療期間は安静期間により差が生じます。一般的にインプラント治療の安静期間は上顎で4~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月が目安とされていますが、埋入する場所や個人の治癒力によって治療期間に多少のズレが生じます。

ワイズデンタルキュア

顎の骨の状態が良好なら、短期間で治療が完了する場合もあります。また、最新の治療技術で即時荷重や早期荷重という治療法が行われるようになっています。いずれも、定められた顎の骨の量、骨密度、埋入本数、埋入時の初期固定の強さなどの条件を充たしていれば、通常よりも早く治療を完了させることができます。

症例・比較
カムログインプラントの症例

カムログインプラントシステムは、フィクスチャーとアバットメントの連結部分が緩みにくいインプラント治療です。

step1

内側が金属の白い歯(メタルボンド)が入っています。

   
step2

歯の根が折れてしまったため、歯を抜きました。

 
step3

インプラント埋入(一次手術)後、ジルコニアアバットメントを装着した状態。右下の画像は下から見た状態です。

   
step4

セラミック上部構造を装着しました。見た目も自然です。

 

 

 

アバットメントの比較
金属のアバットメント(上)とジルコニアアバットメント(下)を装着し、同じセラミック上部構造を装着した状態。金属のアバットメント(上)は金属部 分が歯ぐきから透けて、歯と歯ぐきの境目に黒ずみが見えます。一方、ジルコニアアバットメント(下)は歯と歯ぐきの境目が自然でインプラントと天然歯の見分けがつかないくらい馴染んでいるのが分かります。