ワイズデンタルキュア

ワイズデンタルキュア

未来の歯医者

のぞいてみよう

コンセプト
コンセプト

  • 今回の治療のはじまりは、前歯、奥歯もかぶせ物が古くなって傷んでいたので、それの交換治療をしたいなと思っていました。
    せっかく治すなら、綺麗にとワイズデンタルキュアへ相談に来てみました。

    「治療本数は相当多いだろうな…。」と想像していたもの、交換することくらいしか想像できていなかったのですが、実際先生に指摘されたのは、

    まさかの「噛み合わせ!」

    審美歯科に来たのに噛み合わせから!?と半信半疑、検査をしてもらったのですが、

    これが結果…。


    ▲今までの噛み合わせです。
    (すべて横からみたところ)

    ▲検査をして、筋肉や骨のバランスからの正しい顎の位置だと、随分下の顎が前進することがわかりました。

    ▲今までの位置は随分、後ろにずれている…と。

    ▲正しい位置はもっと噛み合わせに高さがあり、前方だそうです。

    ▲正しい位置で綺麗な歯並びの模型を作製してもらいました。

    ▲斜めから、今までの歯並び、噛み合わせの物と正しい位置で綺麗な組み合わせ、歯並びのものの比較です。これが正しい組み合わせ。

    ▲これが今までの噛み合わせ。

    ▲これは、今までの顎の位置と正しい位置の比較ですが、奥歯の狂った噛み合わせのせいで、無駄に出っ歯になっていたそうです。


    で、出来上がった歯の治療前との比較はこちら

    ▲前から

    ▲右側

    ▲左側

    ▲口元です。

    以前は、虫歯ができたら治療してセラミック入れて…と。
    噛み合わせも何も考えず治療していました。
    今回、噛み合わせも矯正していただいて、コンプレックス(出っ歯)もストレスも軽減しました。
    何より、綺麗な口元になれて嬉しい!!
    麻酔の時に麻酔器?から流れるオルゴール音が好きだったのはここだけのお話。
    ワイズデンタルキュア、私のおススメです!

    宮地真緒

口元美人
Q&A
ピックアップ
かんたん審美歯科
精密審美歯科
歯を白くしたい
歯並びを治したい
セルフホワイトニング VS ブリーチング
セルフ矯正 VS セラミック矯正
ホワイトニングチップ VS セルフ矯正
セルフホワイトニング
ブリーチング
フロントフィット
ナチュラルフィット
ホワイトニングチップ
セルフ矯正
セラミック矯正
フロントフィット
ナチュラルフィット
ワイヤー矯正
セルフホワイトニング
ブリーチング
ホワイトニングチップ
トピックス
新着情報
2016.03.01
目白にてリニューアルオープン
WEB/ネットワーク
  • オフィシャルブログ
  • インスタグラム
  • セレックスタイルビューティー
ワイズデンタルキュアの治療
「噛み合わせ」と「歯並び」・「Beauty美的」と「Healthy健康的」
次世代の歯科治療において「噛み合わせ」と「歯並び」は大変重要な意味を持ちます。


以前はほとんどの人がかかっていた虫歯。
現代は虫歯が減りつつあると言われていますが、実際は「歯が綺麗な人」と「極端に歯を失っている人」の両極端になりつつあります。
虫歯になり穴が開いた歯をなんらかで埋める。失った歯を補う。これらはあたりまえの治療ですが、穴を埋めるだけ、失った歯を補うだけでは「なぜそのような状態に陥ったのか?」の理由が追求されていないため、「歯磨き不足かな?」と思わざるをえないのが現状です。

「虫歯菌」「食べ物」「口腔環境」の三大要因が複合して虫歯を引き起こすと言われていますが、着目すべきは「歯に穴が開く」「歯を失う」要因は「力=噛み合わせ」ということです。物体の一部に力がかかり過ぎれば、壊れるのが普通です。つまり、噛み合わせが強い部分だけ、穴が開いたり、歯がなくなったりするのです。
両隣の歯はなんでもないのに、あいだの一本だけを毎回治療をしているという現象が起きるのはこのためです。噛み合わせがよいということは虫歯になりにくい人。今、虫歯が多くある人は噛み合わせが悪い人とも言えるのです。
このように、現代は「虫歯菌の除去=クリーニング」が虫歯予防の主体であっても、虫歯を治せない人たちがクローズアップされる時代になりつつあります。

これからの歯の治療は「噛み合わせ」「歯並び」が重要な意味を持ちます。
力のバランスがとれている噛み合わせは、結果的に「美しい歯並び」ということになります。
歯科においても「Beauty美的」が「Healthy健康的」であると再認識できる時代。
綺麗になることで健康になろう!を提案していきたいと思います。

ワイズデンタルキュア 三井 雄一朗